朝鮮中央通信は8日、北朝鮮の団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」が声明を発表し、日本政府に警告を発したと伝えた。資料写真。

写真拡大

朝鮮中央通信は8日、北朝鮮の団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」が声明を発表し、日本政府に警告を発したと伝えた。

声明は、「日本が本当に身の安全を心配するのなら、北朝鮮に対する敵視政策をやめ、米国の侵略的な軍事基地を撤退させるべき」と主張。「引き続き北朝鮮の拳の前で邪魔立てをするならば、有事の際、日本列島は米国より先に丸ごと焦土化されるだろう」と警告を発しているという。

ロシアメディア・スプートニクは「最近、北朝鮮がミサイル実験を行うたびに日本が出て来て批判しているが、これが北朝鮮を怒らせている」と分析している。(編集/北田)