ソウル中央地裁に入る文亨杓被告=8日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告と長年の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件に絡み、サムスングループ系列会社の合併に賛成するよう国民年金管理公団に圧力をかけたとして職権乱用の罪などで起訴された前保健福祉部長官の文亨杓(ムン・ヒョンピョ)被告に、ソウル中央地裁は8日、懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

 先月、朴被告に違法な施術を行ったなどとして医療法違反や偽証などの罪に問われ、有罪判決を受けた医師のキム・ヨンジェ被告らに続き、国政介入事件で2回目の有罪判決となる。
 裁判所は文被告について「(保健)福祉部の公務員を通じて圧力を行使し、(同部管轄の)国民年金の独立性を著しく傷つけた」と量刑の理由を説明した。
 文被告は保健福祉部内に設置された外部有識者による「株式議決権行使専門委員会」がサムスングループ系列のサムスン物産と第一毛織の合併に反対する可能性があるとの理由で、国民年金内部の投資委員会で合併に関する案件を扱うよう圧力をかけた罪(職権乱用権利行使妨害)などで起訴された。
 政府から独立して朴被告と崔被告が絡む一連の事件を捜査した特別検察官は文被告が当時、青瓦台(大統領府)政策調整首席秘書官だった安鍾範(アン・ジョンボム)被告らを通じて「合併が成功するよううまく取り計らえ」とする朴被告の指示を受けたことをつかんでいた。
 文被告は朴政権の「陰の実力者」だった崔被告の国政介入に関する国会の聴聞会に証人として出席し、公団側に影響力を行使した事実はないという趣旨の偽証を行った罪にも問われた。裁判所は偽証罪も認めた。
 特別検察官と検察はサムスングループ系列会社の合併をサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が父の李健熙(イ・ゴンヒ)会長から経営権を引き継ぐために必要なプロセスだったとみており、朴政権が合併を手助けする見返りとしてサムスンが崔被告の娘、チョン・ユラ容疑者の乗馬訓練の支援に乗り出すなど賄賂の供与があったと見ている。
 地裁が合併について文被告の圧力を事実と認めたことで、今後の朴被告と李副会長の裁判にも影響を与えるか注目される。
ynhrm@yna.co.kr