画像

写真拡大 (全2枚)

 MAツールやメールマーケティングソリューションを提供しているエクスペリアンジャパンのクロスチャネルマーケティング事業部は、6月7日より社名を「チーターデジタル」に改める。Mail PublisherやCCMPはこれまで通り提供を続ける。

 MAツールの「Experian Cross-Channel Marketing Platform」(CCMP)やメールマーケティングソリューションの「Mail Publisher」を提供している、エクスペリアンジャパンのクロスチャネルマーケティング部門は、6月7日より社名を「チーターデジタル」に改め、事業を開始した。

 今回の社名変更のきっかけは、2017年4月、投資ファンド・ベクターキャピタルによるエクスペリアンのクロスチャネルマーケティング事業買収にある。続く米国時間の6月7日には、ニューヨークで新会社チーターデジタルが設立されたことをうけ、エクスペリアンジャパンのクロスチャンネルマーケティング部門も社名変更を行った。

 チーターデジタルの取締役会会長にあたるエグゼクティブチェアマンには、Salesforce.comが買収したExactTargetの共同創設者であるピーター・マコーミック氏が就任。CEOにはExactTargetおよびSalesforce.comのエグゼクティブバイスプレジデントを歴任したサミール・カジ氏、最高執行責任者であるCOOにはエクスペリアンクロスチャネルマーケティング事業の元グローバルプレジデントであるマット・シーリー氏が就任した。

MarkeZine編集部[著]