KNK「『太陽、月、星』が僕たちのターニングポイントになってほしい」

写真拡大 (全3枚)

KNKが昨年11月に発表した「REMAIN」から約6ヶ月ぶりに「GRAVITY」で戻って来た。昨年3月にデビューし、ちょうど1年が経った彼らは、韓国だけでなく日本や台湾など海外でもコンサートを開き、目立つ活動を続けている。米国ビルボードが選定した「K-POP新人グループトップ10」にも名を連ねた。

今回のシングルのタイトル曲は「太陽、月、星」だ。デビューアルバムから息を合わせてきた作曲家キム・テジュともう一度手を握った。別れた後の気持ちを繊細に表現しており、一層成長した実力を見せている。何より振り付けは、リーダーのキム・ジフンが自ら作成した。メンバーは今回の活動を置いて“ターニングポイント”だと口を揃えた。「太陽、月、星」で活動に乗り出たKNKの活躍は5月25日からだ。

――デビュー後初の単独コンサートを開いた。忘れられない思い出だろう。

スンジュン:最初のコンサートを日本と台湾とソウルで開いた。

ヒジュン:ソウルコンサートは家族や知人が来たから非常に緊張した。ファンの前で単独で行う初めてのコンサートでもあったので緊張した。

――同じようで違う感じを受けたのでは?

インソン:日本は、以前訪問していたのでちょっとは楽だった。台湾は初めてだったので、不安な部分もあったが、歓声も大きくて、飛行機から降りる時からファンが歓迎してくれて嬉しかった。

スンジュン:全員、初公演だったのでとても緊張した。特に台湾では、コンサートだけやったのではなく、番組にも出演した。他の国のスタイルを知ることができる良い経験だった。

――ファンの反応は国ごとにどのように違ったの?

インソン:台湾はリアクションが大きくて、日本は歌も目を閉じて聞くくらい感性があった。この2つの姿を合わせたのが韓国だと思う。

――多くの歌手が初コンサートの時は感激の涙を流してるよ。

スンジュン:まず、ソウルコンサートの時はファンと久しぶりに会ったので、オープニングステージの時から涙が出そうになったが、必死に我慢した。歌を歌いながらも泣きそうになった。泣いたら声が出なくなるから、泣かないようにするのが大変だった。また、コンサートの最後の曲でファンがイベントをしてくれて、本当に感動的だった。

ヒジュン:ファンのための歌を歌いながら、頭の中で過去を思い出しながら感激した。コンサートの度に感動する。

――カムバック前の余暇はどう過ごしたの?

ジフン:僕とヒジュンは一緒にサッカーをして、インソンは釣りをして余暇を楽しんだ。

インソン:京畿道(キョンギド) にある安城(アンソン) や龍仁(ヨンイン) の貯水池で釣りをした。

ユジン:ゲームもして、また人にもたくさん会った。話ができる、多方面で活動する人々に会って会話を交わした。作曲に興味を持ち始めていて、上手い友達から学んだりもした。

――ニューアルバムの準備はどう進めたの?

スンジュン:前回のアルバムにも収録しようか悩んだ「太陽、月、星」がタイトル曲に決まった後、メンバー皆がジフンに振り付けを作って欲しいと思っていた。そうしてジフンは、コンサートの準備と同時に、新曲の振り付けも作った。

ヒジュン:振り付けを作るってなった時、半分程度、もしくはダンスチームと一緒に作業をすると思っていたら、一人でやってくれた。

――振り付け創作への負担も大きかったでしょう。

ジフン:本当に負担が大きかった。振り付けだけ完成すればいい状況だったので、僕のせいで遅くなるのではないかと思った。会社とメンバーが信じて任せてくれたので、最善を尽くした。

――やっぱりメンバーの事を一番よく知ってるから、振り付けにもそれが滲み出ていると思う。それをメンバーも知ってるから推薦したんだろうし。

ジフン:昔から近くで見てきたので、長所や短所は誰よりもよく知っている。その中でもスンジュンのパートで一番悩んだ。力を入れようとするから上手く出来なかった。逆に簡単にしてみようって決めたら、すぐに出来上がった。

――負担を克服できたから、意欲も生まれそう。

ジフン:今まで計4曲の振り付けを作った。5曲目からは振り付けの著作権協会に登録することができるという。今年の目標の一つだ。

――振り付けが完成した後から本格的な練習に突入したみたいだ。以前と違う点はあった?

スンジュン:振り付けを覚える速度は、以前より確実に速くなった。そして、以前の活動曲と違った感じの静かな雰囲気なので、これまでとは違う姿をお見せできるという期待が大きかった。

――毎回重要だが、今回のシングルは尚更(世間に) 見せなければならないという気持ちがあったはず。格別な覚悟もあるかな?

スンジュン:6ヶ月という空白は、他のグループに比較すると長い方だ。もっと早く出せなかったのが残念だ。準備しながら、ヒットしたいという気持ちで負担も大きかった。その為か、より重要に感じるようになったと思う。これまでのスタイルとは変わったため、人々からどのように見られるか気になって、またその反応によって僕たちの活動方向も決まるんじゃないかと思う。「太陽、月、星」という曲が本当に好きなので、早く活動したかった。

インソン:韓国活動をしない期間、不安が大きかった。音楽番組で他のグループが活動している姿を見て、僕たちの新曲がまだ決まっていない状態だったので、空白期をどう埋めようかと悩んだ。その思いからカバー曲をSNSに掲載したりしてみたが、早くカムバックするしか方法がなかった。

――一番変わった点とは?

スンジュン:意欲が上がった。プライドも低い方だったのに、バラエティ番組で演技をして順位をつけられるから、今では1番を目指すようになった(笑) 演技をする機会が与えられるならば、脇役からじわじわ進めて行きたい。

ジフン:ダンスを深く学んでみたい。振り付けを作る作業をしながらたくさん学んだ。以前よりダンスを構想する速度も速くなったと思う。

――KNKとしての目標は何か。

ジフン:いつかは僕たちが作った曲で溢れるアルバムを出したい。曲作りも勉強している。先日、VIXXのコンサートに行ってきたが、多くのことを学んだ。ファンがなぜ熱狂するのかやっと分かった。

――今回の「太陽、月、星」で見せたい事があるなら?

スンジュン:ボーカル中心の曲で、振り付けも僕たちに一番合っている。自信がある分、反応も良かったら嬉しいな。コンセプトに変化があり、この曲が僕たちのターニングポイントになってほしい。今回のアルバムの結果によって、今後のコンセプトも決まるんじゃないかな。

ユジン:ミスもなく、ステージ毎に準備してきた事を全てお見せすることが目標だ。皆今回のアルバムを重要視している。ターニングポイントになり得るアルバムだから、無事に活動を終えられたら良いな。

インソン:まだKNKを知らない方が多いから、もっと多くの方々に知ってもらいたい。人々にたくさん知ってもらう事が目標だ。

ジフン:まず反応が気になる。何より「実力が上がった」という評価をされたい。この曲は僕たちとよく似合ってると思うので「KNKってこんな歌手なんだ」と感じて、僕達の他の曲も聞いてくれたら嬉しい。