実写『銀魂』ミツバ役は北乃きい!柳楽優弥、吉沢亮ら「真選組」の殺陣シーンも公開

写真拡大

女優の北乃きいが、7月15日(土)よりdTV(※)で独占配信される映画『銀魂』(7月14日公開)のオリジナルドラマに出演することがわかった。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

また、今回のdTVオリジナルドラマは、劇場版と同様の豪華俳優陣とスタッフが再集結し、原作の超絶人気エピソード「ミツバ篇」の映像化に挑戦。「ミツバ篇」は、お江戸の治安を預かる真選組の活躍を描いた銀魂随一の感動作。真選組の沖田(吉沢亮)の姉・ミツバ(北乃きい)を巡る陰謀と、そこに立ち向かう真選組の活躍を描いている。迫力のある殺陣が見どころのアクションシーンに加えて、沖田と土方(柳楽優弥)の確執を生むきっかけになった過去や、互いに想い合いながら別々の道を歩むことになったミツバと土方の悲恋など人間ドラマにも注目だ。

北乃演じるミツバは、おしとやかな性格ながら、チョコレートパフェにタバスコをかける程の辛い物好き女子。本作では、病弱なミツバが大げさに咳き込むコミカルなシーンから、言葉ではなく“目”で相手を想う気持ちを表現した土方との別離のシーンまで振り幅の大きいキャラクターを見事に演じ切っている。

「皆さまから愛されているストーリーのヒロインを演じられることに非常に感激しました」と出演の喜びを語った北乃。また、「カットがかかって福田雄一監督が笑ってくれた瞬間に、役者としてホッとした記憶が鮮明に残っています」と撮影を振り返り、「切ない物語の中に銀魂ならではのユーモアが加わったストーリーになっておりますので、是非ご覧ください」と見どころを語った。

さらに、物語の主軸となる真選組メンバーのコメントも到着。以下にて紹介する。

<土方十四郎役 柳楽優弥>
個人的にもミツバ篇を読んで感動していたので、土方の男気溢れる名台詞やアクションを演じることができて光栄でした! 撮影現場ではアクションシーンでお亮(吉沢)が木刀を頭に当ててきた! お亮、恨みでもあるのかい(笑)? ミツバ篇の見どころは……全部(笑)! ですが、沖田との道場でのシーンとアクションは特に見ていただきたいです! ファンの皆様、ミツバ篇やって、ごめんなさい(笑)!

<沖田総悟役 吉沢亮>
ミツバ篇は原作の中でも数少ない泣けるエピソードで、真選組の成り立ちやそれぞれの人物像を本編で描ききれなかったところまで掘り下げています。沖田を演じた僕としては、映画本編で見せることのなかった殺陣のシーンを見て欲しいです。撮影現場では殺陣の稽古中に、土方役の柳楽さんの頭を間違えて思いっきり叩いてしまい生きた心地がしませんでした。柳楽さん、本当にすみませんでした! 沖田のドSの仮面の下に隠れている脆さがたくさん出て来るので、ゲラゲラ笑って、ヒィヒィ泣いてください。

<近藤勲役 中村勘九郎>
ミツバ篇は『銀魂』の数あるエピソードの中でも屈指の泣けるエピソードで、劇場版とはまた違った『銀魂』を感じました。真選組の仲間達の「絆」が見られるエピソードですので、思いっきりカッコいい真選組を感じてください。また、劇場版では着ることが少なかった近藤の隊服姿にもご注目ください。

※dTVサービス概要
dTVとは、話題の映画やドラマ、最新のアニメをはじめ、人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像、さらにはカラオケやマンガまで、多彩な全18ジャンル、約120,000作品が月額500円(税抜)で楽しめるサービスのこと。