ライカの力を得て、高いカメラ性能を身につけた

写真拡大

各種モバイル機器を手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、SIMフリースマートフォン「P10」「P10 Plus」を2017年6月9日に全国の家電量販店およびMVNO(仮想移動体通信事業者)各社から発売する。

ディスプレイサイズの違う2モデルを用意

いずれもドイツのカメラメーカー「Leica」と共同開発したというダブルレンズのリアカメラを搭載。2000万画素モノクロセンサー、1200万画素RGBセンサーを採用し、画素数の向上に加え、より細やかなディテール描写と広い色階調を実現。4種類の高速オートフォーカスと光学手ブレ補正を備え、決定的瞬間を精確に切り取れる。

またフロントカメラにも800万画素「Leica」レンズを搭載。Leica調のポートレートセルフィー(自分撮り)が可能だ。

前面パネル下部にタップ・長押し・スワイプによる操作に対応した指紋認証センサーを備える。OSは「Android 7.0」、独自ユーザーインターフェイス「Emotion UI 5.1」を搭載する。8コアプロセッサー、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(最大256GB)対応。IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポートする。

「P10」の主な仕様は、約5.1型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイを装備。バッテリー容量は3200mAh。カラーはダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックの4色。

市場想定価格は6万5800円(税別)。

「P10 Plus」の主な仕様は、約5.5型フルHD(2560×1440ドット)IPS液晶ディスプレイ。バッテリー容量は3750mAh。カラーはグリーナリー、ダズリングゴールドの2色。

市場想定価格は7万2800円(同)。