乾の気の効いたプレーが攻撃の流れを変えた。写真:田中研治

写真拡大 (全3枚)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 1-1 シリア/6月7日/東京スタジアム

 シリアは予想以上に強かったね。国内情勢が厳しいなかでも、良いチームを作ってきたなと感心したよ。前半の日本は、なにをやってもうまくいかない雰囲気だった。それはシリアのアグレッシブなプレッシャーを受けて、日本のパスワークが機能しなかったから。具体的に言えば、中盤で数的不利に陥っていたんだ。
 
 この日、先発でウイングを務めたのは、原口と久保。彼らがサイドに張り出している影響で、つなぎに関わる人数が少なかった。だから攻撃が上手く噛み合わなかった。
 
 前半は、守備でもウイングのポジショニングが機能していなかったように見えたね。ハードワークしてライン際を上下動しているんだけど、中央のスペースのケアが不足していた。そこをシリアに使われてワンツーやコンビネーションで攻め込まれていたんだ。
 
 ただ、後半に同点弾を決めてからは流れが変わった。大迫の粘り強いポストプレーが良かったし、長友のボール際の踏ん張りというか、個の力で競り勝ってドリブルで持ち込んだのも素晴らしかった。最終的に決めた今野の決定力もさすがだよ。あのゴールでチーム全体のリズムも変わったね。
 
 加えて、左ウイングに乾が入ってからリズムがだいぶ良くなったのも見逃せない。左サイドでの長友とのコンビネーションもそうだし、中央にタイミング良く入って大迫の近くでプレーする時もあった。
 
 右ウイングで途中出場した本田も同じように、中央に絞ってから外に出ていくプレーをしていた。チームとしてあれができるようになってから、選手の距離感がよくなってボール回しがスムーズになったんだ。
 
 それに、後半は両ウイングが中に絞って守備をしていたのも良かったよ。サイドの選手も含めて細かいポジションチェンジをしていたので、それほど危ないシーンを作られなかったように思う。そういう意味では、ウイングのポジショニング次第で守備の安定感も変わってくるなと感じたね。
 
 試合後にミックスゾーンで乾に話を聞いたら、「監督には上下運動を求められているけど、試合の状況に合わせて工夫してやっていた」というようなことを言っていた。彼の経験やプレーの特長、スペインで得た自信が、そういう判断をさせたんだろう。自分のプレーを大事にしていて、とても好印象だったよ。
 逆に言えば、ハリルホジッチ監督が原口や久保に、乾のようなプレーを求めてもよかったよね。上下動ばかりを強調しても上手くいかない時があるのは、シリア戦の前半で証明された。その時に判断を変えて、後半のようなサッカーをしたっていいんだ。
 
 選手の距離感が遠過ぎたり、動きながらのプレーが少ないと試合が難しくなるけど、ウイングのポジショニングを修正して中盤に人数を確保できれば流れは良くなる。パスワークが円滑になり、サイドで上手くボールを受けられるようにもなるんだ。上下動一辺倒ではなく、横の動きも加えると、いろんな意味で幅ができるんだよ。
 
 もしかすると監督に「早く裏を取れ」と言われているのかもしれないけど、もっと変化を付けてもいい。そこが日本代表の課題かもしれないね。
 
 ただ、スタメンで出た原口や久保の評価が下がるわけではないよ。シリアのパフォーマンスが良かった前半は、日本にとって苦しかった。そのなかでのプレーで、肉体的にフレッシュな状態で戦えた後半の選手たちとの優劣をつけるのは難しい。ハリルホジッチ監督が、そこをどう見ているのか。頭のなかを覗いてみたいね。
 
 前線は6人のメンバーを代えたけど、最終ラインをいじらなかったのも注目ポイントだった。今回の招集メンバーを見ると、CBは吉田が軸で、パートナーには昌子か三浦、もしくは槙野も考えられる。でも、この試合で昌子を90分間使ったってことは、次の試合も吉田&昌子のCBコンビで行くということだろう。