今年もハローキティと2回目のコラボ謎解きイベントが開催される、なんばウォーク

写真拡大

 「時の記念日」の6月10日(土)と11日(日)の2日間にわたり、なんばウォーク(大阪府大阪市)で謎解きイベント「時空警察なんばワンとハローキティの事件簿」が開催される。

【写真を見る】なんばワン、ハローキティ一緒に時空警察の刑事となって謎を解く

なんばウォークのキャラクターなんばワンと、ハローキティのコラボ謎解きイベントは、2017年で開催2年目。2016年に開催された「なんばウォーク探偵事務所」では、最終回には参加者が1,600人を超え、大好評となった。2017年は館内装飾を一新し、シーズンごとにデザインを変化するなど、さらにパワーアップする。

謎解きの舞台は、大阪・難波の地下にある「なんばワン岸署」。なんばワンは時空刑事となり、そのバディとしてハローキティが派遣される。参加者は、なんばワン岸署の新人時空刑事として謎解きに挑戦し、事件解決を目指す。

イベント初日の6月10日(土)11時から、なんばワンとハローキティがイベント広場「クジラパーク」に登場し、時の記念日にちなんだ「10秒ジャストタイムストップ」に挑戦するほか、11時、13時、15時、17時には記念撮影会も実施する。

特設WEBサイトでは、イベント参加前にチャレンジできる事前問題が出題され、見事正解すれば謎解きイベント当日のヒントをもらえる。事前問題はイベント終了までチャレンジできる。さらに、なんばウォーク公式ツイッター(@OsakaNambaWalk)をフォローし、「#なんばワン岸署」をつけてツイートすると、参加者の中から抽選で10人に、なんばワン&ハローキティのオリジナルグッズがもらえる。

このイベントに参加するには、期間中になんばウォークで1,000円以上の購入レシート(合算可)を受付で提示すれば、謎解きキット1セットがもらえ、見事事件を解決したら、なんばワン&ハローキティのノベルティがもらえる。なんばウォークに仕掛けられたさまざまな謎を解き、事件解決を目指そう!本イベントはシリーズとして9月、11月、2018年2月にも実施予定だ。【関西ウォーカー編集部/油井康子】