横浜FMには痛手?マルティノス、大陸選手権のキュラソー代表入り

写真拡大

今年7月、北中米カリブ海の王者を決めるCONCACAFゴールドカップが開催される。

この大会は、EUROやアジアカップなどと同じ大陸別の選手権で、アフリカ・ネイションズカップと同じく2年に一度開催されている。

今月2日が暫定リスト40名の提出期限となっていたが、同大会に初出場するキュラソー代表のメンバーが判明し、横浜F・マリノスに所属するクエンテン・マルティノスが選出されたことが分かった。

マルティノスは過去にオランダのユース代表でプレーした経験があり、Jリーグ公式でも国籍は「オランダ」となっているが、2014年に出身地のキュラソー代表入りし、これまで3試合に出場している。

ここ2年ほどは招集を受けていなかったが、今回、レアンドロ・バクーナ(アストン・ヴィラ)、クコ・マルティナ(サウサンプトン)らとともに候補メンバーに選出された。40名は27日の期限までに最終メンバー23名に絞られる。

大会の開催期間は7月7日から26日まで。J1はこの時期にも行われるため、もしマルティノスが23名に選出されればマリノスは数試合をマルティノス抜きで戦うことになる。