キム・ナムギル&チョン・ウヒ主演映画「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」7/29日本公開決定&予告編解禁!

写真拡大 (全2枚)



キム・ナムギル、チョン・ウヒ出演最新作「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」が7月29日(土) よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開されることが決定した。

出演は「無頼漢 渇いた罪」でカンヌ国際映画祭に初参加し、演技派俳優として更なる注目を集めるキム・ナムギル。本作「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」では、ひょんなことから昏睡状態の女性の魂が見えてしまう保険外交員カンスを演じる。

共演は「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」で主人公ハン・ゴンジュを演じ、「第35回青龍映画賞」主演女優賞や「第51回百想芸術大賞」新人演技賞をはじめとする多くの映画賞を獲得したチョン・ウヒ。「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督最新作「哭声/コクソン」で、事件の重要な目撃者を印象的に演じ、更なる注目を集めている実力派女優である。本作では、不幸な事故により昏睡状態に陥ってしまう女性ミソを演じる。監督は、ヒョンビン出演「愛してる、愛してない」、チョン・ドヨン、コン・ユ共演「男と女」等のイ・ユンギ監督。

今回解禁された予告編では、主人公カンス(キム・ナムギル) とカンスにしか姿が見えない女性ミソ(チョン・ウヒ) との不思議な交流を垣間見ることが出来る。保険外交員のカンスは調査の為、交通事故で2ヶ月間意識不明で回復の見込みが無い女性、ミソの元を訪れる。そんな中、病院内である女性から声をかけられるカンス。それは意識不明でベッドで寝ているはずのミソだった。カンスは必死に何かをお願いしようと付きまとってくる彼女を追い払おうとするが、ミソの姿が病院の鏡には映らないことに気付く。周りの人達にも彼女の姿は見えていない。ありえない事態に思わずひっくり返って気絶するカンス。最初は警戒するばかりだったが、ミソの明るく陽気な姿に心を許していく。そして次第にミソの交通事故の真相が明らかになる。果たして彼女のお願いとは何なのだろうか。

■公開情報
「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」
2017年7月29日(土) よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

出演:キム・ナムギル「パンドラ」、チョン・ウヒ「哭声/コクソン」
監督:イ・ユンギ「男と女」
2017/韓国/カラー/韓国語/113分/英題:One day/原題:어느날/配給:ファインフィルムズ
© 2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

<第3弾前売券発売情報(劇場窓口限定発売)>
6月10日(土) より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほかの劇場窓口限定販売、ミニフォトブック¥1,500(税込)
※数量限定となりますのでなくなり次第終了となります。

<ストーリー>
最愛の妻ソンファを事故で失い、無気力な日々を過ごす保険会社に勤める男カンス。ある日、後輩が示談に持ち込めず手を焼いている案件を引き継ぐことになったカンスはその事故の調査の為、被害者が入院する病室を訪れる。そこには車にはねられ、2ヶ月近く意識不明に陥ってしまっている視覚障がい者の女性ミソがいた。そこで、ミソの様子を見にきたカンスに背後から声をかける女性の姿が。驚くカンスに「私が見えるの?」としきりに尋ねる女性。そこにいたのは、今、目の前で病院のベッドで眠っているはずのミソの姿だった。

■関連サイト
映画公式HP:http://www.finefilms.co.jp/oneday