FW浅野拓磨、右サイドでのプレーに「難しさは感じている」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大 (全3枚)

▽日本代表は8日、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦を終え、東京都内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)がメディアの囲み取材に応対。右サイドでのプレーについて語り、「難しさは感じてます」とコメント。FW久保裕也(ヘント/ベルギー)とのポジション争いについてもコメントした。

◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

(C)CWS Brains,LTD.
──香川真司選手が離脱し、チームにはケガ人もいるが

「チームとしては大変な状況ですが、誰一人としてネガティブにはなっていないです。僕ら自身も、そういう悪い状況があるのなら、試合に出て結果を出して変えようと。そういう気持ちを持って今日も練習してました。チームとしてマイナスなことはないと思ってます」

──コンディション面で不安視されている中、プレーしてみて

「もっとやらなければいけないと思いますが、コンディションに関しては悪かったと思わないです。ケガもありましたが影響したとは思いません」

(C)CWS Brains,LTD.
──本田圭佑選手がインサイドハーフに入って、右サイドでプレーした感想は

「自分自身、右でやる難しさは感じてます。プレーする中で改善しないといけないですし、できないわけではないと思います。自分の課題として、今後良くしていくしかありません」

──右サイドには久保裕也選手もいるがその中で、右サイドで違いを出すには

「久保君と特にどうやって違いを出そうとかは話していないです。それぞれが特長を出すだけなのかなと。左なら落ちてボールを受けるなどできます。僕としては右なら落ちて受けるより、前で構えてタイミングよく裏に抜けることを意識しているポジションです。味方とのタイミングが合えば決してできないことではありません。そこを意識して、右ではプレーしています」