日本代表は13日にロシアW杯最終予選でイラクと対戦

写真拡大

 前日の7日にキリンチャレンジ杯シリア戦(△1-1)を行った日本代表は8日、味の素スタジアム西競技場でトレーニングを行った。シリア戦後に都内の病院で検査を受けて左肩関節前方脱臼と診断されたMF香川真司は途中離脱が発表された。DF吉田麻也は腰に張り、DF酒井宏樹は右ヒザの痛み、MF山口蛍は右スネ打撲で練習には不参加。またバックアップメンバーから追加招集されたFW宇佐美貴史は当初の予定どおり、イラク戦には帯同しない。

 シリア戦で先発出場したGK川島永嗣、DF長友佑都、DF昌子源、MF今野泰幸、FW大迫勇也、FW原口元気、FW久保裕也と後半開始からピッチに立ったFW本田圭佑、同8分から途中出場したMF井手口陽介は軽めの調整。残りのメンバーはフィールドプレーヤーとGKに分かれ、フィールドプレーヤーは1対1、5対5、シュート練習などを行い、約1時間半汗を流した。

 チームはロシアW杯最終予選イラク戦(13日)が行われる中立地のイランに向けて、今夜日本を発つ予定だ。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧