火を灯すとドラゴンの赤ちゃんが誕生する / 母性にも火がつきそうな「卵キャンドル」は生まれるワクワク感も楽しめます

写真拡大


ペットを飼いたいけれど、事情があって飼うのがむずかしい。そんな人は、恐竜の赤ちゃんをお部屋でふ化させてみるのはどう?

といってもこれ、キャンドルの話。ヴィレッジヴァンガードが予約販売を始めたのは、「ドラゴンの卵キャンドル」と「恐竜の卵キャンドル」。これ、キャンドルに火を灯してしばらくすると、ドラゴンや恐竜の赤ちゃんが姿を現し、彼らの親になるワクワク感を体験できるというアイテムなんです!

【ドラゴンと恐竜、どっちのママになる?】

ろうそくでできた卵の殻が溶けていくと、中から見えてくるのは可愛らしい見た目のドラゴンや恐竜の赤ちゃん!


「ドラゴンの卵キャンドル」のドラゴンは、紅(あか)、碧(みどり)、漆黒の3種類。ふ化するまで何色が出てくるかわからないため、ちょっとしたドキドキ感も味わえそう。卵の殻がゴールドなのも神秘的です。


いっぽうの「恐竜の卵キャンドル」は1種類のみですが、こちらはドラゴンに比べてかなりリアル! ギョロッとしたお目めが愛らしくて、母性本能をくすぐられちゃいます。

【日本での公式通販は初!】

「ドラゴンの卵キャンドル」「恐竜の卵キャンドル」は、実はイギリスのFIREBOX社という会社が企画・販売しているアイテム。ともに日本で公式通販されるのは初ということで、今後じわじわとブームが来るかもしれません。

価格は税込5400円。ヴィレッジヴァンガードのオンラインサイトで現在予約受付中で、発送は6月下旬予定だそうです。

材質は蝋と陶器なので、ろうそくが燃え尽きたあとのドラゴンや恐竜はお部屋に飾っておくことができます。いくつも集めて恐竜王国のビッグ・マザーになるのも素敵ですね!

参照元:ヴィレッジヴァンガードオンライン、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る