川崎、ユース出身の阪南大・脇坂泰斗が来季加入内定「1日でも早く力に」

写真拡大

 川崎フロンターレは8日、来季の新戦力として阪南大学からMF脇坂泰斗の加入が内定したことを発表した。

https://twitter.com/frontale_staff/status/872680424832516096

 脇坂は、川崎フロンターレU−18を経て2014年に阪南大へ進学。1年次から主力として活躍し、3年次には全日本大学選抜にも選出、また関西学生サッカーリーグの最優秀選手賞にも輝いた。ユース時代にはキャプテンを務め、阪南大でも今季より主将を務めるなど、そのキャプテンシーも大きな持ち味だ。

 “古巣復帰”となった脇坂は、川崎のクラブ公式サイトでコメントを発表している。

「この度川崎フロンターレに加入することになりました脇坂泰斗です。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手というキャリアを川崎フロンターレという素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。今まで支えてくれた方々へ感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くフロンターレの力になれるよう日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」