「怪しいパートナー」チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、激しいキスの後に困惑

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「怪しいパートナー」のチ・チャンウクがナム・ジヒョンの告白を受け入れ、スタートを知らせた。

7日に放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本:クォン・ギヨン、演出:パク・ソノ、チョン・ドンユン) 第17話では、ノ・ジウク(チ・チャンウク) がウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) にキスした後の姿が描かれた。

これに先立ってウン・ボンヒはノ・ジウクに自身の感情を告白した。しかしノ・ジウクは「僕を好きにならないで」と断った。

しかしその後、ノ・ジウクはウン・ボンヒを掴んで「すまなかった」と謝罪し、彼女を抱きしめた。そしてノ・ジウクはウン・ボンヒにキスした。

ノ・ジウクは「全く分からなく、全く止められない君との始まりがスタートしたということ」と思った。しかし困惑したウン・ボンヒはノ・ジウクとキスした後、その場を離れた。

自身の部屋に戻ってきたウン・ボンヒは考え込み、ノ・ジウクも悩み続けた。