マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売

写真拡大 (全2枚)

マウスコンピューターは、17.3型の大画面液晶パネルと最新グラフィックスを採用したハイスペックノートパソコンを2017年6月8日(木)より発売する。価格は11万9,800円(税別)から。

17.3型の大画面液晶パネルを採用した「m-Book W875シリーズ」は、最新グラフィックス「GeForce GTX 1050」と、第7世代の最新CPU「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」を搭載することで、写真の閲覧や動画の視聴だけではなく、編集作業も大画面で快適に行うことができる。

また、Windows 10へのログインを簡単にする、指紋センサーを標準搭載。指紋による個人識別で、アカウントの使い分けが簡単なほか、パスワード管理のわずらわしさや、パスワードを盗み見られる心配から解放され、手軽に安全なセキュリティを実現する。

■m-Book W875シリーズ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
・障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」
・ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
・JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
・プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売