2018年発売のApple Watchには、micro-LEDディスプレイが採用される可能性がある、とNikkei Asian Reviewが報じています。Appleは台湾でmicro-LEDディスプレイの自社技術での製品化に向けた研究開発を進めている模様です。背景にはSamsungとの複雑な関係があるようです。

2018年のApple Watchはmicro-LEDディスプレイ?日経報道

Appleが、2018年にもウェアラブルデバイスにmicro-LEDディスプレイを搭載する、と業界事情に詳しい関係者からの情報としてNikkei Asian Reviewが伝えています。
 
Appleは台湾北部の桃園に、社名を隠し厳重な警備体制を取った極秘研究施設を設置し、micro-LEDの自社技術での生産に向けた研究を進めていると言われています。
 
micro-LEDは、薄型・軽量化が可能で、高精細な表示と省電力を両立可能ディスプレイ技術として、有機EL(OLED)ディスプレイの次を担う技術として期待されています。
 
ただし、現在の技術ではiPhoneのような大型ディスプレイへの採用が難しく、Apple Watchのような小型ディスプレイへの採用が現実的と考えられています。

背景にSamsungと距離を置きたいAppleの事情

Appleがmicro-LEDの研究開発に力を入れる背景には、主要サプライヤーであると同時にスマートフォン販売のライバルで、知的財産関係の訴訟も抱える、韓国のSamsungと距離を置きたい、というAppleの事情があるとみられます。
 
今秋発売の「iPhone8」には、OLEDディスプレイが搭載されると予測されていますが、OLEDディスプレイをiPhoneの需要に応じられるほど供給が可能なのは現時点ではSamsungのみで、Samsungが約7,000万台ぶんの独占受注契約を結んだといわれています。
 
Appleは通常、主要部品の調達先を複数設けることで、サプライヤー間の価格競争により調達コストを引き下げると同時に、問題発生時のリスクを分散させる方針を取っています。

SamsungやLGに大きな打撃との観測も

今年4月にも、Appleは自社技術でのmicro-LEDディスプレイを2018年に製品化を目指して開発を進めており、SamsungやLGにとって大きな打撃になる可能性がある、と韓国メディアが報じました。
 
 
Source:Nikkei Asian Review
(hato)