古代アステカの巨大寺院と球技場の遺跡 メキシコ首都中心部で発見

ざっくり言うと

  • メキシコの首都中心部で巨大寺院と球技場の遺跡が発見された
  • 風の神エエカトル・ケツァルコアトルを祭っていたとみられる
  • 球技はアステカで儀式として実施されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング