画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイデムは6月7日、同社が運営する「人と仕事研究所」において、2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査結果を発表。これによると、1社以上の内定を獲得した学生は53.6%。前月比22.6ポイント増加、前年比5.7ポイント増加したという。

同調査は、民間企業への就職を希望している2018年3月卒業予定の大学4年生・大学院2年生の男女を対象に実施したもの。調査期間は2017年6月1日から3日までで、685名の有効回答を得た。結果は次の通り。

1社以上の内定を獲得した学生は53.6%で、前月比22.6ポイント、前年比5.7ポイント増加した。3月広報解禁の採用スケジュールとなった2016年卒学生の同日状況(31.1%)から1.7倍となり、年々ペースが速まっているという。男女別の内定獲得率は男性55.9%、女性52.0%。文理別の内定獲得率は文系49.5%、理系64.5%だった。

また、2社以上の内定を獲得している学生の割合は49.4%で、前年から4.7ポイント増加。応募企業数は減少傾向にあるが、面接選考企業数、内定獲得社数はともに増加傾向だという。