古市憲寿氏

写真拡大

8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、社会学者・古市憲寿氏が同番組のクイズの答えが台本に書いてあったと暴露した。

番組では、フェイクニュースについて扱い、実際にあったフェイクニュースがどれかを選ぶクイズが出題された。出演者全員が、番号が振られた3択の中からひとつの正解を選ぶ。ところが、古市氏が「でもこれ、台本に答え書いてあるんですよね」とバラしたのだ。この古市氏の暴露に、ほかの出演者から笑いが起きる。

進行の森本さやかアナは「そういうこと言わないで下さい!」「ミスがありました、すみません!」と謝罪。続けて森本アナは、慌てながら「笠井(信輔アナ)さんは見てませんからね!」と、どさくさで笠井アナが進行台本を読んでいないことを告白した。

そして小倉智昭は、台本に答えが書いてあったことを認めつつも、番組が面白くなるよう「配慮して我々が(正解と)違う番号上げているのに…この古市は!」と、チクリと注意する。これに対して古市氏は「フェイクニュースのコーナーで、ウソはいけないかなって思って…」と自己弁護したのだった。

【関連記事】
古市憲寿氏 田中聖容疑者の逮捕報道の扱いに違和感「どうでもいいニュース」
古市憲寿氏 渡辺謙の不倫疑惑の報じられ方を疑問視「納得いかない」
古市憲寿氏が茂木健一郎氏の芸人批判を一刀両断「他人に押し付けるな」