BIGBANGのG-DRAGON、本日カムバック!タイトル曲を急遽変更…今後の活動の行方は?

写真拡大 (全2枚)

G-DRAGONのニューアルバム「クォン・ジヨン」のトラックリストがベールを脱いだ。YG ENTERTAINMENTのヤン・ヒョンソク代表が直接公開したのだ。

ヤン・ヒョンソク代表は8日、自身のInstagramに「#GDRAGON #ジードラゴン #GD #ジーディー #クォン・ジヨン #KWONJIYONG #TRACKLIST #クォン・ジヨン #MiddleFingersUp #BULLSHIT #SUPERSTAR #無題 #Untitled2014 #神曲 #DivinaCommedia #20170608 #6PM #NEWALBUM #RELEASE #YG」というハッシュタグと共にトラックリストを公開した。

G-DRAGONはこの日午後6時、4年ぶりのソロアルバム「クォン・ジヨン」を発売する。タイトル曲「無題」を始め、5曲が収録される今回のアルバムは、G-DRAGONが全曲の作詞と作曲に参加しており目を引く。YGは当初タイトル曲を「BULLSHIT」であると発表していたが、タイトル曲は「無題」に変わったことが分かった。

G-DRAGONは2009年初のソロアルバム「HEARTBREAKER」以来、2012年「ONE OF A KIND」、2013年「COUP D'ETAT」などを通じて、BIGBANGとは違う自身だけのユニークさを表現してきた。G-DRAGONという名前だけでも圧倒的な存在感を持っているため、彼のソロカムバックに音楽界の注目が集まっている。

しかし、最近同グループのメンバーT.O.Pが大麻吸引の疑いで不拘束起訴されたのに続き、現在精神安定剤の過剰摂取によりICU(集中治療室) で治療を受けている中、予定している活動を続けられるのか動向に関心が集まっている。