【インタビュー】メリマック、これぞ伝統ブラック・メタルの真髄

写真拡大

フランスのブラック・メタル・バンド、メリマックの5枚目となる新作『オメガフィリア』が6月9日に発売となる。フランスときいてメタルのイメージを持つ人は多くないかもしれないが、実はフランスは意外とブラック・メタルが盛んな地でもある。中でもメリマックは結成が1994年と、フランスのシーンでは最古参に属するバンドだ。新作『オメガフィリア』では、骨や歯を使った儀式に始まり35人のラテン語合唱で終わる圧巻の曲展開が繰り広げられる。『オメガフィリア』を聴けば、彼らが自分たちの音楽を「ブラック・メタル以外の何モノでもない」と言い切ることにも納得だ。

『オメガフィリア』発売にあたり、リーダーでギタリストのパーヴァーシファイアー、そしてバンドのコンセプトを握るボーカリストのヴェスタルに話を聞いてみた。

──ニュー・アルバム『オメガフィリア』がリリースになりますが、過去の作品と比べてどのような内容になっていますか。

パーヴァーシファイアー:進歩した点は色々あると思う。今回一番注意した点は、より1990年代のセカンド・ウェイヴ・ブラック・メタルに根差した作品にしようとしたことだ。よりモダンでない、そしてもっと雰囲気のある自然で有機的なサウンドにするために、レコーディング・スタジオも変えたんだよ。それから曲の構成がシンプルになっているね。『オメガフィリア』は非常にバラエティに富んだアルバムで、速い曲、キャッチーな曲、アトモスフェリックな曲…色々入っている。非常に良いバランスになっていると思うよ。

──確かに過去の作品と比べると曲も短めでシンプルですが、一方で「アット・ザ・ヴァンガード・オブ・ディセプション」などは9分を超えていますし、通常の基準からすると大作なのではないですか。

パーヴァーシファイアー:メリマックの曲に長いものが多いのは故意ではなく、自然に曲を書いた結果なんだ。曲は物語であり、単純な直線ではなく、異なった雰囲気をもたらし、複数の形態を持っている必要があると俺たちはずっと考えてきた。今回は、同じことをより少ない数のリフでやろうと試みたんだ。以前よりも同じリフ、あるいはそのバリエーションが繰り返し現れる。相変わらず、俺たちの曲は2部構成になっていることに変わりはないけどね。つまり後半は、前半とかかなり異なった雰囲気になっているということさ。俺たちはこういうスタイルが好きなんだ。90分の映画にしても、同じことが延々と繰り返されるのでは、とても観る気がしないだろ?

──前作から5年が経過していますが、長い期間を要した理由は何だったのですか。

パーヴァーシファイアー:これまではたいてい3年ごとのペースでやってきたのだけどね。俺たちは普通の仕事もしているし、音楽の方もサイド・プロジェクトがあったりと忙しかった。アルバムを1枚作るというのは、非常に長いプロセスが必要なんだ。何千時間もかかる作業さ。今回5年もかかってしまったのは、過去の作品とは違うものを作りたかったから、とるべき方向性を定めるのに時間がかかったからだよ。インスピレーションというのはコントロールできるものではないからね。降ってくるときは降ってくるのだけど。毎年平均点のアルバムをリリースし続けるよりも、じっくり時間をかけてクオリティの高いアルバムをリリースする方が良いということさ。俺たちは常にパーフェクトと思えるものを追求しているんだ。

──アルバムのタイトル『オメガフィリア』とは、どのような意味ですか?

パーヴァーシファイアー:「オメガ」というのはすべての終わりのこと。すべての始まりである「アルファ」の対極だ。接尾辞「フィリア」というのは、他の言葉と結びついて「異常な執着」や「傾向」を表す。ネクロフィリア(=死体愛好者)、ヘモフィリア(=血友病)とかね。倒錯的な意味を持つこともある。これでだいたい想像がつくと思うけど、『オメガフィリア』は、「あらゆる終わりへの愛、執着」ということさ。これはいろんな解釈ができるけどね。終わりとは何か?死について?世界の終わり?それとも自己破壊による自分の終わり?これらすべて、もしくはそれ以上のことさ。