パリの大気汚染で「死にかけた」 女性が国を相手に訴訟起こす

ざっくり言うと

  • ぜんそく患者の仏女性が、国を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした
  • パリの大気汚染レベルが急激に悪化した際、呼吸困難で「死にかけた」という
  • これが引き金で「心臓に深刻な障害」を発症し、今も治っていないのだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング