左肩脱臼の香川が無念の代表離脱 「勝利を信じて、戦ってきてほしい」と仲間に思い託す

写真拡大

W杯予選イラク戦を前にした負傷離脱に「残念かつ申し訳ない形」

 日本サッカー協会(JFA)は8日、前日に行われた国際親善試合シリア戦(1-1)で負傷退場した日本代表MF香川真司(ドルトムント)の途中離脱を発表した。

 13日に中立地イランで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦の遠征には帯同しない。併せて追加招集が行われないことも発表されている。

 香川はシリア戦の前半7分に、相手MFマハムード・アルマワスとの球際での競り合いの際、もつれ合ってピッチに倒れ込み、左手をついた際に左肩を痛めて苦悶の表情を浮かべた。チームスタッフが駆けつけ、ピッチサイドで応急処置を受けたものの、そのまま同10分にMF倉田秋(ガンバ大阪)との交代でピッチを後にした。

 試合後すぐに病院へと直行。そしてJFAは7日深夜に、左肩関節前方脱臼との診断結果を発表していた。

 香川はJFAを通じて、「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」とのコメントを発表。W杯予選イラク戦に出場できない無念の思いを明かしている。

 一方、ハリルジャパンにとっては攻撃陣のキーマンを一人失うことになり、過酷な中東での一戦へ向けて新たな不安材料を抱えることになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images