主演が「高橋一生」で監督は「齋藤工」 / イケメン濃度が濃すぎる映画『blank13』の劇場公開が決定したよ〜

写真拡大

本日ご紹介するのは、2018年2月3日に劇場公開される予定の新作映画『blank13(ブランクじゅうさん)』。来年春の作品ですが、ちょびっと早めにご紹介します! 

この映画は実話に基づいた、とある家族の物語を描いた作品です。主演を務めるのは今をときめく俳優の高橋一生さん。共演はリリー・フランキーさん、松岡茉優さん、神野三鈴さんなど、豪華な布陣です。

これだけの情報でも興味をそそられる映画ですが、特筆すべきは、監督を俳優の斎藤工さんが務めているという点。俳優・斎藤工ではなく、映画監督・齊藤工として、名前を変えて参加しています。

齊藤監督が、高橋さんをはじめとする出演者のみなさんとどういった化学反応を見せてくれているのか、大変気になるところです〜っ。

【どんなお話なの?】

突然蒸発し、13年間行方不明だった父親の消息が判明。しかし家族との溝は埋まらないまま、その3か月後にガンでこの世を去ってしまう……。

もう取り戻せないと思っていた、13年という空白。しかし葬儀当日、参列者が語った父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実が明らかに。これを機に時間、そして家族間の空白が埋められてゆく。映画はそんなストーリーとなっているようです。

【シネマート新宿のみの限定公開となるようです】

『blank13』は、監督・齊藤工さんにとって初の長編作品。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞」も受賞しています。

ちなみに上映は、シネマート新宿での限定公開になるそう。忘れないよう、今のうちにメモっておきましょう!

【参加している面々がスンゴイ】

この映画は参加メンバーがすごいところもポイント。映画音楽は、ドラマーで俳優の金子ノブアキさんが担当し、スチール撮影は写真家のレスリー・キーさんが担当。

ほか出演者として、アーティスト集団「Chim↑Pom」の岡田将孝さんや、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーさん、さらには俳優の村上淳さんが名を連ねている点に、斎藤さんの交友関係の広さを感じずにはいられないっ。

高橋さんいわく、「作品作りというものに、撮影前からこれほど参加させていただいた経験は初めて」とのことで、期待は高まるばかりです! 公開されるその日が、今から待ち遠しいですね。

参照元:プレスリリース、映画「blank13」公式サイト
執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る