電車内で痴漢を疑われた男性が線路上に飛び降り逃走するなどの問題が相次ぐ日本で加入申し込みが最近急増しているという保険が、同じく満員電車や痴漢の問題を抱える韓国でも話題になっている。写真は2016年に釜山地下鉄に登場した女性専用車両。

写真拡大

電車内で痴漢を疑われた男性が線路上に飛び降り逃走するなどの問題が相次ぐ日本で加入申し込みが最近急増しているという保険が、同じく満員電車や痴漢の問題を抱える韓国でも話題になっている。韓国・文化日報が伝えた。

今年のゴールデンウイーク頃を境に1日の申し込みが約10倍に増えたという「痴漢冤罪(えんざい)ヘルプコール付き弁護士費用保険賠償責任保険」。刑事事件を含まない事案や事故の当事者となった場合に弁護士や法律相談の費用、賠償金などを受け取ることができるもので、特に痴漢に間違われた際には、その名にある通り「ヘルプコール」を使って提携の弁護士に対応指示を仰ぐことができる。また痴漢冤罪の場合、発生後48時間の弁護士相談料や接見費用は全額保険金で支払われる。

保険料は月額590円(年額6400円)。女性が痴漢の被害に遭った場合にも対応するが、加入者の8〜9割が男性で、首都圏や大阪、名古屋など混雑する列車を利用する機会が多い人が加入しているという。

保険会社によると、痴漢冤罪事件を描いた2007年の映画「それでもボクはやってない」から発想を得た商品とのこと。同社関係者は「いつ痴漢騒動に巻き込まれるか分からない。不安を抱える人たちの助けになればいい」と話している。

痴漢冤罪はお隣の韓国の人にとっても身近なようで、記事には「韓国にも至急導入を」「韓国に必要なものが日本にあったのか。早く発売して」といった声や、「毎回思うけど、日本と韓国は社会や文化、経済までがどうしてこうも似ているんだろう?。性的暴行の虚偽告訴が多い韓国にも必要な保険だね」などの声が寄せられている。

また、「僕は地下鉄では20〜30代の女性に近づかないようにしている」「夜道で女性が一人で歩いている場合は、別の方向にわざと遠ざかることもあるよ」「誤解されないために前を歩く女性を早足で追い越そうとしたら、女性も早足になった…」など、冤罪を逃れるための苦労を告白する男性たちのコメントも。

さらに、「女性も大変なんだろうけど、100人に1人の変態男のせいでまともな99人の男がものすごく苦労する」「通勤時間帯に乗るのも降りるのも大変なほど混んでいる交通機関自体が問題だ」などの指摘もあった。(翻訳・編集/吉金)