左肩脱臼のMF香川真司が日本代表を離脱「勝つことを祈る」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)の代表離脱を発表した。なお、追加招集は行わないとのことだ。

▽香川は7日に行われたキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦に先発出場。しかし、7分に守備を行った際に転倒し、左肩を痛めてMF倉田秋と交代。試合後、左肩関節前方脱臼と診断されたことが発表されていた。

▽香川は今回の離脱について、JFAを通じてコメント。イラク代表とのロシア・ワールドカップ アジア最終予選での勝利を願うと語った。

「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」