後半途中から右ウイングに入り、本田からパスを受けた浅野。その印象を語ってくれた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 1-1 シリア/6月7日/東京スタジアム
 
 ハリルホジッチ監督は、シリア戦で同点に追いついた後の63分、新たな選手配置を試した。それが本田圭佑の右インサイドハーフでの起用だ。
 
 後半頭から登場した本田は、まず、主戦場である右ウイングでプレー。その後、63分に浅野拓磨がピッチに立つと、浅野が右ウイングに入り、本田は中盤へと回った。右サイドでコンビを組んだ浅野は、その関係性を次のように語る。
 
「本田さんが持った時はパスを受けられるよう準備していました。タイミングが合わなかった場面がありましたが、時間をかければもっと合わせられると思います」
 
 さらに本来、インサイドハーフを務める香川真司(シリア戦では10分に負傷交代)との違いも説明してくれた。
 
「どちらかというと(香川)真司さんはシンプルにパッとパスを出してくれますが、本田さんは周りの動きを見ながらタメを作ってくれます。本田さんが持ったらタイミングを見て飛び出すようにしていました」
 
 香川、本田の特長は単純比較できないが、タメを作り、相手の虚を突くようなスルーパスを出す本田が中盤にいれば、ウイングプレーヤーは裏へ走りやすくなるはずだ。
 
 シリア戦で左肩を脱臼した香川は、6月13日のイラク戦(ワールドカップ・アジア最終予選)を欠場する可能性が高い。それだけに、本田のインサイドハーフ起用は貴重なオプションとなるだろう。
 
 イラク戦ではどんな選手配置が選択されるのか。そのメンバー構成を注意深く見守りたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち♥