実に1年半もの間、劣悪な環境の中で生き抜いてきた金魚に、ひとりのヒーローが現れた。

そのヒーローは6月4日、1匹の金魚が救われ、幸せをつかむまでの道のりを海外掲示板のimgurに投稿。3日間で16万7,000回以上閲覧されている。

1年半ですっかり汚れた水槽

金魚にとってのヒーローであり、投稿主でもあるOddlyduckishさん。

彼女が16歳の姪っ子から金魚を譲り受けたときの様子がこちらだ。

Oddlyduckish/imgur

フィルターもない水槽の水はすっかり濁ってしまっている。しかも長い時間をかけて、ゆっくりと水位が下がってきたことがうかがえる。

うっすらと見える金魚の姿が、なんとも物悲しい。

実はこの金魚、もともと姪っ子が欲しかったものではなく、ステート・フェア(州の農産物品評会&収穫祭)で景品としてもらったものだという。

こんな状況で生き延びた金魚を投稿主は、「チャンピオン」と呼んでいる。

「急に水を替えるのは危険」

この水槽を見て悲しくなったOddlyduckishさんは、とりあえず水槽にきれいな水を追加し、観賞魚専門店に向かった。

Oddlyduckish/imgur

そこで「急に水を替えるのは危険。金魚を殺してしまう」というアドバイスをもらったOddlyduckishさん。

徐々に水を入れ替えながら、2週間かけて新しい水槽を準備した。

▼新しい水槽

Oddlyduckish/imgur

引っ越しも無事に終了

そしてとうとうチャンピオンを新しい水槽へ引っ越しさせた際には、「お願いだから死なないで!」と願ったそうだ。

Oddlyduckish/imgur

劣悪な環境で生き延びたチャンピオン。Oddlyduckishさんの願い通り、引っ越して2日経っても異常は見られなかったという。

「彼の友達を連れてこなくちゃ」とOddlyduckishさんはコメントしている。

コメントも200件近く寄せられた

200件近く投稿されているコメント欄には、「彼にふさわしい人生を与えてくれて、すごくうれしい」「よくやった」「もっとあなたのような人が増えるといいのに」「金魚にとってあなたは神様だ」など、投稿主をほめる声や「水は毎週ちょっとずつ入れ替えてね」などの飼育のアドバイスが寄せられている。

新しい飼い主からたっぷりの愛情を与えられ、幸せに長生きしてもらいたいものだ。