北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は7日、「誰が認めようと認めまいと、共和国は名実相伴う核強国だ」と主張する論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「われわれは、米国との世紀的対決を総決算するために敵撃滅の銃剣を鋭く研いできたということについてあえて隠さない」と述べた。

また、「チュチェ兵器の総体的目標は悪の総本山である米国であり、われわれは大洋向こうの数万里の米本土も一撃のもとに廃墟につくるすべての能力を完全に備えた」と強調した。

さらに、「今、チュチェ弾の連続的な発射に度肝を抜かれた米国とその手先らが『経済的・外交的圧迫を持続する』『断固たる対応』などと言いふらしているが、そのような笑止千万な妄動でわれわれを脅かし、破滅のどん底から抜け出られると打算するならそれより大きな誤算はないであろう」と述べた。

そのうえで、「無謀な軍事的妄動によって与えられるものは恥ずべき敗北と死だけである」と警告した。