ハーフターンを迎えた宮里藍(撮影:村上航)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日◇8日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>
兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部を舞台に「サントリーレディス」が開幕。引退を発表してから最初の試合となる宮里藍が10番ティからスタート。1バーディ・1ボギーとイーブンパーでハーフターンを迎えた。
【関連写真】宮里藍の戦いをリアルタイムフォトでチェック!
10番をパーとした宮里だったが、続く11番でティショットをバンカーに入れると“寄らず入らず”のボギー。その後も中々チャンスが来ない展開が続いたが、17番で6mを沈めてバーディ。イーブンパーの26位タイで折り返した。
現在のトップは4アンダーまで伸ばしている福田裕子。1打差の2位タイには吉田弓美子、香妻琴乃、キム・ハヌル(韓国)、イ・ミニョン(韓国)がつけている。同じくホステスの森田理香子は11ホールまで終えて1オーバー、イ・ボミ(韓国)は1オーバーでハーフターンしている。
また10時時点のギャラリー数が4,773人と発表。早くも昨年の初日のギャラリー数3,245人を上回っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

上田桃子、2010年以来の宮里藍と同組に「出来れば4日間回りたい」
宮里藍と同組に驚きの高橋彩華「アメリカに行くヒントを見つけたい」
「岡本さんとは違う意味で雲の上の存在」森田理香子が語る、宮里藍
母国で2連勝、好調セキ・ユウティンの宮里藍との思い出
イ・ボミ、大好きな宮里藍と「一緒に優勝争いできたら最高」