画像

写真拡大 (全2枚)

 Supershipの動画広告配信プラットフォーム「AppVador」が、標準的な動画広告配信の仕様であるVPAIDに対応した。サードパーティ製のアドベリフィケーションツールでも、「どのくらい広告が生活者に実際に見られたか」を評価できるようになった。

 KDDIのグループ会社であるSupershipは、動画広告配信プラットフォーム「AppVador(以下、アップベイダー)」をVPAIDに対応させた。

 VPAIDはDigital Video Player-Ad Interface Definitionの略称で、Interactive Advertising Bureauが規定した「動画プレーヤーと動画広告の相互通信に関する仕様」だ。アップベイダーがVPAIDに対応したことで、サードパーティ製のアドベリフィケーションツールを使って、ビューアビリティー(可視性)を計測することが可能となった。ビューアビリティーとは、広告が生活者に実際に見られたかどうかを示す指標のこと。

MarkeZine編集部[著]