「iOS 11」はWWDC 2017で発表された機能以外にも、自分が接続しているWi-Fiに友人をワンタップで招待できる「Wi-Fiシェア機能」などさまざまな新機能が存在します。そんな新機能のひとつとして、しばらく使っていないアプリを自動でアンインストールできる設定項目があることをiDownloadBlogがスクリーンショット付きで公開しています。

iOS 11 can automatically uninstall apps that haven’t been used in a while

http://www.idownloadblog.com/2017/06/06/ios-11-offload-unused-apps/

「しばらく使っていないアプリを自動でアンインストールする機能」をオンにするには、iOS 11の「設定」アプリから「iTunes & App Store」をタップします。すると画面の一番下に「Offroad Unused Apps」というトグルが追加されており、オンにすれば「しばらく使っていない」と判断されたアプリが自動的にアンインストールされるわけです。



この機能はデフォルトでオフになっているため、iOS 11にアップデートしても「気がついたらアプリが消えていた」ということは起こらないようになっています。どれくらいの期間でアンインストールされるかは不明ですが、アンインストールされたアプリのドキュメントやデータは端末に保存されます。そのため、App Storeでアプリが利用可能である限り、削除されたアプリを再インストールすれば元の状態で使えるようになるとのことです。



なお、iOS 11は2017年秋ごろに正式リリースされる予定です。