今秋にはiPhone 8に加え、iPhone 7sとiPhone 7s Plusも発表と噂されています。

その詳しい情報はあまり出ていませんでしたが、iPhone 7s Plusの図面とされるものが今回公開されました。

iPhone 7s Plusのデザインは先代と同じか

新型iPhoneに関する未確認情報を『Twitter』に投稿している@VenyaGeskin1が、iPhone 8・iPhone 7s Plusの最新の図面とされるものを公開しました。

1枚目がiPhone 8、2枚目がiPhone 7s Plusの図面と思われます。

iPhone 7s Plusと思われるもののデザインは、現在販売されている『iPhone 7 Plus』と同じように見えます。


iSightカメラ・スピーカー・Lightningポートの位置などは詳しく描かれていますが、前面のFaceTimeカメラ・センサー・受話口・ホームボタンの位置は描かれていません。

iPhone 8と同じく、iPhone 7s Plusでもホームボタンが廃止されることを意味するのではなく、この図面はケースなどのアクセサリを設計するためのものと考えられるので、アクセサリに影響がない部分については簡略化されているのかもしれません。

iPhone 7s/7s PlusはどんなiPhoneになるのか

iPhone 8よりも注目度が低いためか、その詳細が噂されることは多くありません。

iPhone 7s/7s Plusは『iPhone 7』・iPhone 7 Plusのアップグレード版と考えられており、デザインに大きな変更はなく、ホームボタンは残ると噂されています。

『WWDC』基調講演で発表された第2世代『12.9インチiPad Pro』と同じく、プロセッサやメモリ・カメラなどが改められるだけだと考えられます。
→ 【比較】第2世代iPad Pro vs. 初代iPad Pro

iPhone 8はワイヤレス充電に対応するが、iPhone 7s/7s Plusは対応しないという噂もあれば、両方とも対応するという噂もあります。

iPhone 7s/7s PlusはiPhone 8と同じプロセッサを搭載するという噂もあり、処理能力は同等になる可能性があります。

参考

@VenyaGeskin1 - Twitter