南アフリカ・ケープタウンのスリーアンカー湾で、波の泡沫(ほうまつ)や海水が打ち付ける様子を見る人たち(2017年6月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】南アフリカ西部の沿岸部が7日、猛烈な嵐に見舞われ、これまでに8人が死亡した。当局によると、ケープタウン(Cape Town)の港が閉鎖され、鉄砲水も発生、被害は広範囲に及んでいる。

 6日に発生した嵐によって建造物が損壊し、木々がなぎ倒され、4万6000世帯が停電。強風と洪水で鉄道や空の便にも乱れが生じた。

 西ケープ(Western Cape)州当局によると、雷が原因の火災や建物の崩壊などにより、これまでに合わせて8人が死亡したという。
【翻訳編集】AFPBB News