8日、新華網によると、前日に消息不明となったミャンマーの軍用機について、同国航空当局の元高官が「機体は中国産輸送機の運−8だ」と語ったことが分かった。写真は運−8の資料写真。

写真拡大

2017年6月8日、新華網によると、前日に消息不明となったミャンマーの軍用機について、同国航空当局の元高官が「機体は中国産輸送機の運−8(Y−8)だ」と語ったことが分かった。

ミャンマー軍は7日夜、機体に乗っていたのは軍人35人やその家族など計122人と発表した。同機は7日午後1時すぎ(現地時間)に南部のベイを出発、ヤンゴンに向かう予定だったが、離陸から約30分後に空港と連絡を取ったのを最後に消息が分からなくなったという。新華網は消息筋の話として、「機体はすでに墜落。捜索隊が残骸の一部を発見したが、ブラックボックスはまだ見つかっていない」と伝えている。(翻訳・編集/野谷)