恋愛相談ですごく多いのが、「付き合う前の、男子の気持ちがわからない」とか、付き合った後も「彼氏の気持ちがわからない」とか……ようするに、相手の気持ちがわからないというものです。


でも、神様にもわからないであろう相手の気持ちを、女子が悩んだところでわかるはずがないです。そして「わからない」と悩む前に、あなたにはやるべきことがあります。

1. 自分がどう動くと“得をする”のか考えてみよう!


まず教科書通りのことをお話します。彼の気持ちを知りたいとか、彼が何を考えているのかわからないなどと悩まない人はどうしているのかといえば、自分が得するように動いているということです。ずっと好きな相手の気持ちについて悩んでいても、きっと答えなど出ません。時間がどんどん流れてゆくだけです。しかも、苦しい時間が流れてゆくだけです。であれば、自分が得するようなことをやってみては? ということです。

意識的にとにかく行動してみよう
たとえば、「私のこと好き?」と聞く女子がいます。好きかどうか聞くことすらなく、男子と一緒にご飯を食べに行く女子もいます。なんらか行動することで、具体的にあなたが得をすることが見えてきます。
身もふたもなく言ってしまえば、恋愛ってみなさん自分が得するようにやっています。好きな男子の気持ちを推し量ることも大切かもしれませんが、それであなたがずっと悩んでつまらない人生を送ることになったら嫌ですよね? もっとしたたかに考えて得をしましょう!

2. 自分が悪いわけではないと思うのもあり



好きな人の気持ちを知りたいと悩んでいるケースって、よくよく話を聞いてみると、相手の男子が煮え切らない態度であることもあります。つまり、思わせぶりな態度をとるわりに、彼女にハッキリ「付き合ってください」とか「今はまだ付き合えないです」などと答えを言わない男子ってことです。こういう男子のことを好きになってもいいのかどうか? よく考えてみてはいかがでしょうか。

その人と本当に幸せになれるのかを考えよう
今も昔も変わらないことに「男子は付き合ったら、それなりに責任を負わなくてはならない」というものがあります。これ、じつは付き合う前にも言えることです。男子の曖昧な態度によって、女子が悩んでいる。もうこの時点で、付き合ってからも同じことで悩まされてしまう可能性だってあるのです。
なので、あなたのことを悩ませている彼と、あなたは本当に付き合いたいのか? 付き合ったら幸せになれるのか? をよく考えてみてはいかがでしょうか。

3. もっとシンプルに考える癖をつけよう



本当のことって、シンプルなものです。たとえば、人のものをパクッてはいけないというのは、この世の真実というか本当のことです。とってもシンプルな言い方ですよね? 
恋愛でも同じで、本当のことってシンプルです。片思いの人の気持ちを推し量っていたら、どうしても考え方が複雑になってきます。それは、神様にもわからない相手の気持ちを推し量ろうというのだから、複雑になって当然です。でも、恋愛って本来シンプルなものです。シンプルなものにはシンプルな考え方が似合います。あなたの考え方がもっとシンプルにならないか、考えてみてはいかがでしょうか。



いかがでしょうか。
真剣に片思いしていたら、ときに心がすごく苦しいと思います。苦しくなると、ついネガティブに考えてしまう人もいると思います。でもハッピーな人は、なんらかのきっかけによって、すごくシンプルに(ズルいと思えるくらいシンプルに)物事を考えています。片思い中の彼の気持ちを推し量る前に、自分がハッピーになるにはどうすればいいのかを考えてみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)