7日、環球時報は、中国のユネスコ世界遺産登録数が年内にも世界最多になる見込みであることに対して、韓国国内が複雑な心境になっていると報じた。写真はユネスコ世界自然遺産、中国湖南省の武陵源(ぶりょうげん)にある「中韓友好亭」。

写真拡大

2017年6月7日、環球時報は、中国のユネスコ世界遺産登録数が年内にも世界最多になる見込みであることに対して、韓国国内が複雑な心境になっていると報じた。

【その他の写真】

中国は現在、青海省の可可西里(ココシリ)国家級自然保護区を世界自然遺産に、福建省の鼓浪嶼(コロンス島)を世界文化遺産にそれぞれ申請し、いずれも同委員会諮問機関の推薦リストに入った。7月にポーランドで開かれるユネスコ遺産委員会の総会で世界遺産として認定される可能性が高い。

韓国・聯合ニュースは6日、今年は中国の2件を含む12件が推薦リストに入っており、批准されれば中国の世界遺産数は52件となり、イタリアと並んで世界最多の世界遺産保有国になる可能性があると伝えた。

ユネスコによる世界遺産認定事業は1972年に始まり、中国は85年に世界遺産条約に加盟。以後積極的に世界遺産申請に取り組んでおり、この20年間はほぼ毎年世界遺産リスト入りを果たしている。

韓国メディアは「中国は世界遺産申請の過程において各国の世界遺産総会代表団と単独で接触している。また、世界遺産委員会における中国の発言権もいささか大きすぎる」との批判を展開しているという。

なお、韓国はこれまでに12件の世界文化遺産・世界自然遺産の登録に成功している。(翻訳・編集/川尻)