物事があまりうまく進んでいないときに、友だちや同僚がうらやましいと思ってしまうことってないですか? 自分自身の状況と比較して嫉妬ばかりしていると、だんだんとひねくれた性格になってきてしまいます。しかし、モヤモヤとした気持ちのもっていき方がわからないときってありますよね。そこで今回は、嫉妬してしまいそうなときに心を整理する方法について紹介します。

こんなことに嫉妬してしまうなんて…

嫉妬してしまう例として、彼と別れたばかりなのに、友だちが彼氏とのデートを楽しんだ話を目の前でされたり、SNSで楽しそうな週末デートの報告を見るといったことがあると思います。
また、同僚が次々と結婚していってしまったり、マイホームを建てる話を男性社員からされたら、その奥さんの方に嫉妬したりするかもしれません。素直に相手の幸せに対しておめでとうと言えないなら、それはきっと嫉妬です。

嫉妬の原因を追究してみると

実は、嫉妬の原因は相手の幸せではないのかもしれません。彼と楽しくデートをしている友だちも、それが自分と入れ替わったところで果たして楽しめるでしょうか? 
きっとあなたはデートの中身に嫉妬しているのではなく、心でつながっている誰かと何かを共有することに憧れているのかもしれません。自分も彼と楽しく過ごしたい、という以上に、気持ちが通じ合える誰かと物事を共有することが楽しそうと思っているのかもしれません。
では、気持ちが通じ合える誰かと物事を共有するにはどうしたらいいのかということですが、おすすめなのが習いごとなどをすることです。自分の興味のあることについて学べる教室を探したり、自分と趣味を同じくする友だちを見つけてみてください。同じサークル内で同じ興味について共有することができるだけで、楽しい毎日を送ることができると思います。

幸せなことばかりじゃない

先ほどマイホームを建てる男性から話をきいて、奥さんに嫉妬してしまう……という例を挙げましたが、マイホームを建てるにしても幸せなことばかりではありません。家を建てることで出てくる苦労もたくさんあるのはご存じですか? ローンやメンテナンスなどにまつわるお金の問題があり、仕事も今までよりも頑張らなければいけなくなりますし、仕事が嫌でも簡単には辞められない状況になります。残業だって必須になるかもしれません。
奥さんも旦那さんの帰りを遅くまで待つなど、ストレス続きの毎日がこれから始まるのかもしれません。周りからは一見幸せそうに見えても、実はいろいろと大変なことばかりだったりしますよ。

ないものねだりなだけ

うまくいかないことが多いと他人がうらやましくなるかもしれませんが、それも一瞬です。長い目で見ると、物事はなんとか解決していくものなのだと整理をつけることで、自分らしさをとり戻せるはず。
ただ今は、自分にはない幸せな部分だけをフォーカスしてしまいがちで、ないものねだりをしているだけなのだと思います。もし誰かに嫉妬心を抱いてしまいそうになったら、嫉妬心を抱いた原因になったことだけに注目せず、全体を見てみてください。不思議と嫉妬心がおこらず、ふっと冷静になれると思いますよ。