移動式発射台から打ち上げられた北朝鮮の「火星10」弾道ミサイル(2016年6月23日付労働新聞)

写真拡大

韓国軍合同参謀本部は8日、「北朝鮮が今朝、江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)一体から東海(日本海)に向けて地対艦ミサイルと推定される何らかの飛翔体を数発発射した」と明らかにした。

北朝鮮の弾道ミサイル発射は、先月29日に元山付近から発射してから10日ぶりとなる。