北朝鮮の地対艦ミサイル(CG)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は8日「北が今朝、(南東部の)江原道・元山付近から東海に向け地対艦ミサイルと推定される何らかの飛翔体を数発発射した」と明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に直ちに報告された。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、先月29日に元山付近からスカッド系列の弾道ミサイルを発射してから10日ぶり。これは地対艦、地対地兼用のミサイルとみられる。
 文政権発足後、北朝鮮の弾道ミサイル発射はこれで4回となる。
mgk1202@yna.co.kr