私たちの生活に欠かせない存在となっているスマートフォン。便利な一方で、ちょっと時間が空くとつい「スマホ」を操作してしまう、1日中手放せないといった「スマホ依存」なども、たびたび話題に上ります。そこで、「現代人のスマホとの付き合い方」についての、興味深い調査結果をご紹介します。

83%が「スマホ老眼」予備軍!?

株式会社ファンケルが実施したアンケートによると、8割以上の人が「スマホ」を見ていて目の疲れを感じた経験があると回答しています。仕事や趣味はもちろん、暇つぶしも含めて、長時間使用する人も多いためか、高い割合となりました。

「スマホ」で目が疲れる人は8割超え!

「目がしょぼしょぼして疲れが溜まっているような気がする(37歳・男性)」、「時間がある時はついスマホを見ているので、常に目が疲れている(22歳・女性)」といった声が寄せられています。
「スマホ」やPCの画面を長時間見続けることで、一時的に目の焦点が合いづらくなったり、目がかすんだりする「スマホ老眼」の予備軍になっている可能性がうかがえます。

スマホは「宝箱」、「自分の分身」!

とても身近な存在となっている「スマホ」、自分にとってどんな存在だと思うかを質問したところ、最も多かったのは「自分の大好きなこと、趣味が詰まった宝箱(43%)」で、「自分のすべてのデータが詰まっている自分の分身」と答える人も30%という結果に。もはや「スマホ」はただの情報通信機器ではなく、「宝箱」や「自分の分身」とまで思われる重要な存在になっているようです。

あなたにとって「スマホ」とは?

「スマホ第一主義」になっている!?

では、日常生活においての「スマホ」との関わり方はどうでしょう。以下の3つのシーンについて聞いてみました。

・ふとんにもぐりこんだら、「スマホ」を眺めるのが寝る前の習慣ですか?
はい…63%
いいえ…37%

・駅や道路で「歩きスマホ」をしていてヒヤッとしたことがありますか?
はい…28%
いいえ…72%

・「スマホ」を家に忘れたことに気づき、用事に遅れるにも関わらず取りに戻ったことがありますか?
はい…24%
いいえ…76%

夜眠る前の「スマホ」が習慣になっている人は6割を超え、文字通り多くの人が「朝から晩まで手放せない」必須アイテムとして使用していることがわかりますね。
また、用事に遅れるとわかっていても、忘れた「スマホ」を取りに帰る人は4人に1人と、時間通りに行くことよりも「スマホ」を優先していることが明らかになりました。

「断スマホ」、どのくらいできる?

ちょっと「スマホ」を見すぎかも、デジタルデトックスしたいなどと思ったとき、あなたならどのくらいの時間「断スマホ」できますか?

同調査では、「断スマホ」をしたことがある人は「実際に断スマホ」ができた時間を、「断スマホ」をしたことがない人には「どれくらいの時間なら耐えられそうか」を答えてもらいました。

「断スマホ」は半日〜1日が限界!?

その結果、「断スマホ」を経験したことがある人では「半日まで」が43%、「丸1日まで」が33%と、約8割の人が長くても丸1日と考えています。また、「断スマホ」を経験したことがない人の場合、「半日まで」が約6割となり、かなり弱気な結果となりました。

スマホを使わない時間を意図的に作るのも、健康のためには今後アリなのかもしれません。

私たち現代人が「スマホ依存」になっている実態が浮き彫りとなる結果となりました。今や生活になくてはならないアイテムですが、どのように使用していくべきなのか、これを機に見つめなおしてみては?

【参考】※ 株式会社ファンケル
調査名:「スマホ」の利用実態に関する調査
調査期間:2017年3月10日(金)〜3月16日(木)
調査対象:事前調査で平日あるいは休日に「スマホ」を1時間以上利用していると回答した20〜40代スマホユーザー男女500名 ※性・年代別均等割付
調査方法:インターネット調査