中国版ツイッター・新浪微博に「日本人の優越感」と題したコラムが掲載され、日本に住んでいるという中国人が自身の日本人像について語っている。資料写真。

写真拡大

中国版ツイッター・新浪微博に「日本人の優越感」と題したコラムが掲載され、日本に住んでいるという中国人が自身の日本人像について語っている。

日本人は反省し間違いを認める習慣があり、新入社員の口癖は「すみません」だ。こうした間違いを認め反省を繰り返し一定の水準に達すると優越感が生まれる。中国でも自分の苦労話を披露する人がいるが、これは「君が私より成功していないのは、私より苦労していないからだ」という思いが込められている。日本人の繰り返しの反省により得られた優越感も似たような現象だ。

日本人は他人を邪魔したりされたりすることを嫌う。他人に迷惑をかける行為を「教養がない」と見る節もあり、人さまに迷惑をかけず秩序を保てていることに優越感を感じる。だが、少なくとも中国では状況が違う。中国では助け合うことは当たり前のことであり、誰かを助けることで誰かに助けられるという考えを持っているからだ。

日本に住んでいる私は日本人の優越感をはっきりと感じ取ることができるが、彼らはそれに気が付いていない。多くの日本人に質問したことがあるが、彼らは一様に「自分が優れているとは思っていないよ。普通でしょ?」と全く自覚していないのだ。日本人が当たり前だと思っている態度が、外国人には優越感と映ってしまうのかもしれない。(翻訳・編集/内山)