auが6月8日にハイスペックスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を発売!

既報通り、au向け「2017年夏モデル」としてAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SCV35」および「Galaxy S8 SCV36」が本日6月8日より発売される。なお、NTTドコモからも「Galaxy S8+ SC-03J」と「Galaxy S8 SC-02J」が同日発売だ。

サムスン電子製の最新フラッグシップスマホである「Galaxy S8+」と「Galaxy S8」は画面の縦横比が18.5:9(2960×1440ドット)と上下に長い短冊状のディスプレイが特長であり、その広がった表示領域にナビゲーションバーや通知領域を画面内に表示しても従来の16:9より多くの情報量が表示可能となっている。

また両機種ともに基本スペックは共通で、CPUはQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」(2.35×4コア+1.9GHz×4コア)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)など、au向け夏モデルのスマホでは「HTC U11 HTV33」や「AQUOS R SHV39」と並ぶハイエンドモデルとなる。

今回は、KDDIおよび沖縄セルラー電話が5月30日に実施したau発表会 2017 Summerのタッチ&トライコーナーで実機に触れることができたので、au向けのGalaxy S8+ SCV35とGalaxy S8 SCV36について写真と動画で紹介していく。


Galaxy S8+(写真=左)は約6.2インチディスプレイを搭載し、横幅約73mm×高さ約160mm×厚さ約8.1mm、Galaxy S8(写真=右)は約5.8インチディスプレイを搭載し、横幅約68mm×高さ約149mm×厚さ約8.0mm。左右だけではなく上下のベゼルギリギリまでディスプレイが占有する。

画面の上には約800万画素フロントカメラや近接センサー、通話用のスピーカーの他に虹彩認証用のセンサーを搭載。

一方、画面の下にはこれまで物理式のホームキーとタッチセンサー式の戻る・履歴キーだったナビゲーションキーがあったが、これらが廃止されて画面内下部にナビゲーションボタンとして表示されている。

これまでのGalaxyシリーズでは他の多くのAndroid搭載製品と違って、戻るが右、履歴が左にあったが、ソフトウェア表示になったことで戻るボタンと履歴ボタンの表示位置を設定で入れ替えることが可能となった。


背面にはLEDライトと心拍センサー、約1220万画素リアカメラ、指紋センサーがある。おサイフケータイ(FeliCa)とワイヤレス充電にも対応する。


ちなみに、NTTドコモ版はGalaxyロゴの位置にdocomoロゴがあり、Galaxyのロゴは下部にある。

【Galaxy S8+およびGalaxy S8の外観やカメラ機能を動画で紹介(12分18秒あたりから)】

動画リンク:https://youtu.be/nqsiP5HjhdU?t=12m18s


Galaxy S8のカラーは「ミッドナイト ブラック」および「オーキッド グレー」、「コーラル ブルー」の3色。どれも光沢のある表面加工であり、さらにオーキッド グレーとコーラル ブルーはメタリックなカラー処理が成されている。


Galaxy S8+のカラーは「ミッドナイト ブラック」と「アークティック シルバー」の2色。両モデルともに、フロントのベゼルカラーは黒に統一。


前モデルの「Galaxy S7 edge SCV33」より側面のスクリーンが小さくなり”エッジ”感が薄れているが、画面端からスワイプ操作で呼び出す「エッジパネル」や端末を伏せて置いた状態でもLEDライト代わりにエッジ部分を光らせる「Edge lighting」機能を搭載している。またナビゲーションバーは、ボタンレイアウト変更のほか、背景色などのカスタマイズも可能だ。



Galaxy S7 edge同様にサクサク撮れるカメラ機能は、UI(ユーザーインターフェイス)を見直し、シャッターボタンとズームレバーが一体化されるなど無駄な指の動きなしで撮影ができるようになった。

このズーム機能との組み合わせが秀逸であるだけに、細かな設定が可能な「プロ」モードの各種調整もシンプルにアイコンをタッチしたまま上下操作でパラメーターを変えさせて欲しいと感じた。

auの2017年夏モデルは、Galaxy S8+およびGalaxy S8の個性的なデザインのスマートフォンをはじめとする様々なニーズに合うスマホが用意されているので、じっくりと触って気に入ったスマホを見つけて欲しいと思う。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy S8・S8+ 関連記事一覧 - S-MAX