iPhoneがポラロイドカメラに早変わりする「PRYNT POCKET」がアツいっ♪ 撮った写真をその場でプリントしてAR動画も楽しめるよ

写真拡大

近頃若い世代の間で流行っている、インスタントカメラ「写ルンです」。30代のわたしとしましてはこのリバイバル、かなり胸アツに感じております。再ブレイクって、いつなんどきやってくるかわからないものですねぇ。

本日紹介するのは、あなたのスマホがインスタントカメラになるアイテム「PRYNT POCKET」。クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場中のこちらでは、インスタントカメラのような撮影はもちろん、AR(拡張現実)動画も楽しめるのだそう。

レトロでありながらも、大変未来的なようなんです……!

【iPhoneに取り付けるだけ!】

PRYNT POCKET」はフランス生まれ、ポケットサイズのプリンターです。スマホに取り付けてシャッターを押したら、20秒足らずで写真をプリント。さらに、10秒間のムービーも一緒に収めてくれるのです。

対応しているのはiPhoneのみで、機種は「iPhone 5/5s/SE」「iPhone 6/6s」 「iPhone 6/6s Plus」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のいずれかとなっています。

これらにPryntアプリをインストールしてドッキング、本体へ「PRYNT POCKET」を取り付けたら準備は完了! 細かい設定などもなく、ただシャッターを押すだけで写真がするするーっと出てくるので、不器用さんでも難なく扱うことができるようですよ。

【一眼レフカメラみたいなデザインがいいね♪】

バッテリー内蔵なのでiPhoneからの電源供給は不要。充電は付属のmicroUSBケーブルを使用し、約180分の充電で満タンになる仕組みなのだとか。なおフル充電1回で20枚の写真をプリントすることができるみたいです。

本体にはグリップ、シャッターとズームダイヤル、そしてストラップホールが付いており、手に良く馴染む形になっています。

重さはペーパーカートリッジ込みで210g、一眼レフカメラのようなデザインと質感をしているそう♪ 専用ペーパーでインクいらずだというのも、嬉しいですよねぇ。

【動画も楽しめちゃうよ】

「PRYNT POCKET」もう1つの特徴は、プリントした写真をPryntアプリでスキャンすると、ARによる動画再生が可能になる点。写真をプリントできるうえ、ちょっとした動画も楽しめるだなんて、お得感満載〜!

カラーラインナップは「Cool Gray(明るいグレー)」「Graphite(濃いグレー)」「Mint(ミント)」の3色。商品をゲットできる支援コースは税込み1万5900円からとなっております。

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画を見る