金正恩氏

写真拡大

北朝鮮国内で最近、マレーシアで殺害された金正男氏の遺体がどのように「処理」されたかについて、庶民の関心が集まっているという。

金正男氏は今年2月13日、異母弟である金正恩党委員長が放ったと見られる刺客の手により殺害された。

そしてその46日後の3月31日、自国内に滞在するマレーシア国民を人質に取るという、北朝鮮当局のなりふり構わぬ駆け引きの結果、金正男氏の遺体は現地から祖国へと移送された。

こうした動向の詳細は、北朝鮮国内ではいっさい、明かされてこなかった。しかし、そのように情報を隠ぺいしようとしていることがむしろ、庶民の関心を呼んでいるようだ。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)に住むデイリーNK内部情報筋によれば、「元帥様(正恩氏)の腹違いのお兄さんに関する話は、平壌と平城(ピョンソン)の市場を通じて広まっている。海外での活動中に死んだお兄さんの遺体が帰ってきたということも、多くの人が知っている」という。

そして、そうした情報に接した人々の中で、ひとつの疑問が頭をもたげることになった。

「元帥様の家族の遺体が帰ってきたのに、国葬が行われないなんておかしい。お兄さんは海外で、大きな罪を犯したのではないか、と考えるようになった」(情報筋)

北朝鮮の人々が、このように考えるのも無理はない。正男氏の存在は、父である故金正日総書記の凄まじい「女性遍歴」に直結するものでもあり、少数の幹部を除き、徹底的に秘密にされてきたからだ。

(参考記事:金正日の女性関係、数知れぬ犠牲者たち

実際、北朝鮮の人々は正男氏の存在をきっかけに、「元帥様たちの家庭には、どうやら複雑な問題があるようだ」気付き始めているのだという。

情報筋はまた、「正男氏の件を知った人々は、『遺体は人知れずどこかに埋められてしまったのではないか』と考えている」と話す。

もっとも、金ファミリーについて噂話をしていることが当局に知れれば、死刑や政治犯収容所送りなどの重罪に問われかねないので、北朝鮮の人々もこのような話を大っぴらにするわけではないという。

しかし、金ファミリーを包んできた秘密のベールにも、相当に大きなほころびが出来てきたと言えそうだ。