パパが作った最後のお弁当が泣ける…娘のために幼稚園の頃から毎日かかさず作り続けたパパの最後のお弁当とは…?

写真拡大

毎日お子さんのお弁当を作っているというパパさんママさん、いつもお疲れ様です!

本日ご紹介するのは、毎日欠かさず娘のお弁当を作ってきたお父さんが、最後に渡したお弁当の話。

娘・メグさんの幼稚園入学から高校卒業まで、お弁当をつくり続けた父親のトムさん。そんなトムさんが、とうとう役目を終える瞬間がやってきます。それはメグさんの高校生活最後の日。

果たして、トムさんはどんなお弁当を作ったのでしょうか。

【ラスト弁当は、オレンジと「オレンジの皮のむき方」】

娘のメグさんがTwitterに投稿したのは、オレンジが2個入れられた袋と、オレンジの皮のむき方を示した「wikiHow」をプリントアウトしたもの。なお「wikiHow」とは、世の中のあらゆるハウツーを取り上げた、誰もが編集できるハウツーマニュアルです。

【皮をむいたオレンジを毎日お弁当に入れていたんだって】

なんでもトムさんは、幼稚園時代から毎日、お弁当に皮をむいたオレンジを入れていたんですって。海外サイト「Mashable」のインタビューによれば、「いったいいつまでオレンジをむき続けるんだろうね」と家族内で冗談を言い合ったりしていたのだそう。

そんな経緯を経てからの、丸ごとオレンジのお弁当。背景を知ると胸に迫るものがありますよね。オレンジが入った袋に書かれた「時が来たよ、ベイビーガール」というメッセージ、そして涙を流して泣いている絵にも、パパの想いをひしひしと感じてしまうわ……。

【パパ、お疲れ様〜!】

メグさんのツイートにつけられた「いいね」の数は、なんと49万3000超! リツイート数も10万8000超で、愛がめいっぱい詰まったお弁当に、多くの人がクスッと笑ったり、しみじみ感動したりしているようです。

メグさんは大学入学にあたり家を離れるらしく、きっとパパの寂しさは並々ならぬものがあるでしょう。トムさん、13年間にもおよぶお弁当作り、本当にお疲れさまでした!

参照元:Twitter@megsullivan07、Mashable
執筆=田端あんじ(c)Pouch

関連ツイートはこちら