2017年5月、ある大学教授が米国のウェブメディア「ハフィントンポスト」に寄稿した衝撃的な告白が全米の注目を集めた。

 その内容は、彼女が13歳まで叔父から繰り返し性的な虐待を受けていたことなど、少女時代の体験を赤裸々に綴ったものだった。

 告白者は、外交関係の人材を輩出するジョージタウン大学(ワシントンDC)で国際安全保障を教えるクリスティン・フェアー准教授。1968年生まれ。50歳を目前にした彼女はなぜ今このような告白をしたのだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

凄絶な少女時代の体験

 フェアーはインディアナ州フォートウエインという人口20万あまりの町に生まれた。叔父(フェアーの母親の妹の夫)による性的な虐待は、彼女の就学前から始まった。叔父の一家は経済的に苦しく、フェアーの住む家にたびたび転がり込んではしばらく同居する生活をしていた。

ジョージタウン大学のクリスティン・フェアー准教授(ジョージタウン大学のウェブサイトより)


 小児への性的な虐待のケースにありがちのことのようだが、フェアーは虐待が始まった初期には叔父との肉体的な接触が不自然という感覚がなく、むしろ自分は愛されているのだと嬉しく思うことすらあったという。だが10歳になるころ、友達との会話などから次第に異常なことと認識するようになり、苦しみ始めた。それでも止まない虐待のせいで、彼女は摂食障害におちいり、悪夢に悩まされ、自殺を口にするようになった。

 叔父は、自分の幼い息子と娘も性的な虐待の標的にしていた。息子ジャスパー(仮名)は成人して薬物中毒の女性と結婚し、子をもうけた。強い自殺願望があり何度も死を口にしたが、「死ぬ度胸もないくせに」と妻からなじられる毎日だった。ある日、ジャスパーはクルマで外出中に妻と口論になり、俺に度胸があるところを見せてやると言うなり運転席で自分の頭を撃ち抜いた。

 ジャスパーの妹サラ(仮名)の人生も悲惨なものになった。夫への暴力や2人の子供への常軌を逸した振る舞いのため裁判を起こされて離婚し、フェアーが最後にその消息を耳にしたときはホームレスになっていたという。兄と同じく、幼少時の性的な虐待が人格に破壊的な影響を及ぼした例と言っていいだろう。

 一方でフェアーは勉学に励み、博士号を取得してアカデミズムの世界で一定の成功をおさめた。しかし、やはり心は無傷ではない。恐怖とストレスが成長過程の脳に不可逆的なダメージを与えたため、フェアーは今でも投薬・セラピー・リハビリといった高額な治療に頼りながら生活を保っている。

「トランプ的な価値観」への抵抗

 フェアーが衝撃的な告白をした理由は2つある。1つは彼女を虐待した叔父が5月4日、30年ぶりに刑務所から出てきたことだ。

 1987年、フェアーへの虐待が終わった数年後、叔父は自宅のトレーラーハウスの裏で妻を撲殺した罪で収監されていた。フェアーは、叔父が今でも社会にとって危険な存在だと信じ、出所後の行先を刑務所に照会したが、情報は与えられなかった。そこで現在、私立探偵を雇って所在を調べるとともに、メディアの力を借りて情報を得たいと考えている。

 フェアーの告白のもう1つの理由は、「トランプ的な価値観」への抵抗だ。

 トランプ氏は選挙期間中から女性蔑視の発言を繰り返しながらも、男性のみならず女性有権者からも大きな支持を集めて大統領になった。性的な差別を公然と口にしてもよいという雰囲気がアメリカに広まってしまったと嘆く声は多い。

ますます安全を脅かされる女性たち

 トランプ大統領の登場で、アメリカ社会が長年取り組んできた「男女平等」は後退しつつあるのだろうか。そのことを示す数字は見つからないが、筆者の身の回りでは最近「女性蔑視事件」が話題になることが多い。ある女性はスーパーでレジ待ちをしていたところ、背後にいた白人男性からいきなり罵声を浴びせられたという。

「おい、そこをどけ。おまえら女どもが偉そうに道を塞いでいても許される時代じゃないんだ、もう今は」

 男性はニヤニヤしていたが、口調に冗談じみた響きはなかったという。

 もちろんアメリカ男性のすべてが女性蔑視に傾いているわけではない。ごく一部がトランプ大統領から免罪符を与えられたと思い込んでいるにすぎないだろう。だが、男性からの険悪なまなざしや言動にさらされる女性たちは気分を悪くしたり、身の危険を感じたりしていると訴えている。

 ことにフェアーのように性暴力が原因のPTSDに苦しむ女性たちは辛い思いをしているようだ。彼女はこう記している。

「この『大統領』が女性に性的暴行を加えたことを自慢したばかりか、被害者を脅して黙らせようとしているのを見て、多くのPTSD患者が肉体的な病気を引き起こしていると、全米の臨床心理士は認識している」

 トランプ的な価値観がはびこるのを放置すれば女性たちの安全がますます守られにくくなると考えたフェアーは、一族の悲惨な体験を赤裸々に明かすことで社会に警鐘を鳴らそうとしたのだった。

フェアーが食ってかかった相手とは?

 ところで、叔父による虐待を終わらせたのはフェアーの勇気だった。13歳のある晩、彼女は寝室の暗闇のなかで叔父を待ちかまえ、ベッドに入り込んでくる叔父の頭へオモチャのトラックを叩きつけた。驚いて逃げ去った叔父がそれ以降彼女を襲うことはなかった。

 母親ですら救ってくれない自分を守る方法はただ1つ、勇気を奮って立ち向かうこと。この考え方がフェアーの心に深く刻まれたことは想像に難くない。彼女は外交・安全保障分野の研究者として評価が高い一方で、論敵をきわめて厳しい言葉でやり込めることでも知られている。また個人として、あらゆる差別を舌鋒鋭く批判している。

 そのフェアーが最近、通っているトレーニングジムで1人の白人男性に詰めよる姿が目撃された。

「あなたはリチャード・スペンサーでしょう?」と彼女が声をかけたのは、白人至上主義の指導者として知られるスペンサーその人だった。

 スぺンサーはかねてから「アメリカには平和的な手段による民族浄化が必要」と主張しており、大統領選の投票日が迫った2016年11月19日には、首都ワシントンで行われた白人至上主義団体の集会で「ハイル・トランプ」と叫ぶナチス式敬礼の先頭に立った人物だ。

白人至上主義者のリチャード・スペンサー(出所:)


 そのスペンサーにフェアーが声をかけたのは、トレーニングジムからの退会を要求するためだった。白人至上主義や女性蔑視を公言してはばからないスペンサーがジムを利用することは、ジムの従業員の大半を占める有色人種の女性にとって「敵対的な職場環境」であり、人として容認できるものではないないというのがフェアーの主張だった。

 スペンサーは、最初は人違いだと言い、次いで自分がジムを退会するいわれはないと主張した。スペンサーに自主的に退会する意思がないことを見たフェアーは、ジムを運営する会社に向けSNSでメッセージを発した。

「企業は従業員にとっての脅威が存在しない職場環境を確保する義務がある」

 フェアーの呼びかけを受け止めたジムの運営会社は、数日のうちにスペンサーのメンバーシップの停止を決めた。

男性優位の壁を打ち崩す戦い

 トランプ大統領の出現によって勢いを得ていたスペンサーにとって、寝耳に水の不名誉な出来事だったろう。この出来事に怒ったスペンサー支持者たちが、フェアーへ電話をかけたりフェイスブックなどへの書き込みを行い、「このユダヤ女めが」(筆者注:フェアーはユダヤ系ではない)といった差別的暴言や強姦や殺害の脅迫を浴びせてきた。

 フェアーは手厳しく反撃した。脅迫者たちの氏名、住所、メールアドレス、電話番号、顔写真などをSNSで公開したのである。それは相手に対するハラスメントではないかという批判を、フェアーはニュース番組のインタビューで一蹴した。

「白人男性には私に暴言を吐く特権があっても、私には同じことをする権利がないとでもいうのでしょうか?」

「男性からの脅迫を奥手な少女のように甘んじて受けることは、私たちにとって大変危険なことです。こうした脅威に常にさらされることがどれほど深い心の傷になり得るのか、体験したことのない人にはなかなか理解してもらえません」

 13歳のときオモチャのトラックで叔父を撃退し、自らの手で安全を掴み取ったフェアーは、女性だからといって人間としての尊厳を譲るつもりは微塵もなく、むしろ絶対的な正義感にもとづき男性優位の壁を打ち崩す正面突破の戦いを繰り返しているように見える。

 このところ深刻なスキャンダルが取りざたされているトランプ大統領だが、仮にトランプ氏が政権の座から下りることがあったとしても、アメリカに拡散した「トランプ的価値観」が容易に薄れることはないだろう。クリスティン・フェアーが戦いの手をゆるめることは当面ないのかもしれない。

筆者:老田 章彦