6日、中国初の宇宙飛行士、楊利偉氏が北京で開かれた会議に出席し、中国の有人月面着陸に向けた事前準備が進んでいることを明らかにした。

写真拡大

2017年6月6日、光明網によると、中国初の宇宙飛行士、楊利偉(ヤン・リーウェイ)氏が同日北京で開かれた会議に出席し、中国の有人月面着陸に向けた事前準備が進んでいることを明らかにした。

この会議は国際宇宙航行連盟(IAF)と中国宇航学会が5日から開いているもので、楊氏は有人月面着陸が国家レベルのプロジェクトにまだなっていないことに言及した上で事前準備が進行中であることを説明、さらに「この準備期間はそう長くないだろう」との考えを示した。

同氏は「(あなたが)月に行く予定はありますか?」との質問に対し、「機会があれば。問題はありません」と笑顔で応じたという。(翻訳・編集/野谷)