インド西部アフマダーバード郊外の花火工場で働く労働者たち(2012年10月25日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド中部マディヤプラデシュ(Madhya Pradesh)州バラガート(Balaghat)地区にある花火工場で7日、爆発が起こり、従業員20人が死亡、10人が重度のやけどなどのけがをした。地方当局が明らかにした。

 数十人の従業員がけがなく避難したものの、火災規模は大きく、消防隊によって鎮火されるまで2時間かかった。

 地元当局者はAFPの取材に対し、救助活動は終了したと説明。「幸い、中に閉じ込められた人はいない」と語った。

 また同当局者はPTI通信に対し、火災の原因は不明だが、従業員が火のついたまま投げ捨てたビーディ(インドの巻きたばこ)が火元になった可能性を指摘した。
【翻訳編集】AFPBB News